記憶..きおく...キオク....めもりぃず.....大切なもの


by ayao_nemuko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2007年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

f0176953_20233564.jpg

寝てもさめても心理学な毎日↓↓

前回のテスト範囲の3chapはまだしも興味深かったのに、今回はall about Nature&Nurture.....
遺伝子と環境...完璧に2chapはBiology...
高校のときの知識があるからと踏んでつったかた~と進むprof、いや②そんなもんふっとびましたって。。

英語が難しいだけかもしれないから日本語で☆

norm⇒特定人間集団の典型的行動様式

???

genome⇒単体の配偶子ないし細胞核の中にある染色体の1組

???

やっぱ英語のほうがわかるかも…

そんなこんなでbio words 150語近くを暗記しないとやけど、不可能。。。でもあきらめきれないから頑張って単語カードぺら②してみたりw
とりあえず内容を理解できるように努力しましょう★

心理学に脳がどっぷりつかってるのはクラスの誰もが一緒。
普段なら学校にtext置いていく人まで、階段でこけそうになりながらtextとにらめっこ。
目が恐いです!

はてには今日のlistening/speakingのクラス。
大好きなdiscussion♪(しゃべるの大好き♪♪)
Theme⇒"racism"=差別について。5つの映画の中から1本選んで、週末借りて見てくる課題から…
クラスのほとんどが選らんだのは 

"Crash"

ものすごい深い映画だった。
夕方、夕食前に見て号泣泣き顔夕食時にホスト中に笑われながら心配され、今日は朝から目が開かず、授業も保冷剤のせながらうける始末。
でもそのぐらいいい映画。
いい映画っていうのは適切な表現ではないけど、学ぶことが多くて、discussionもかなり盛り上がった。
社会は変わらない、偽善は無駄、いいことをしても報われない、人間はやはり自分が可愛い、守るための物は恐れによって簡単に人を傷つける武器になる、そんな悲しい現実も入り混じったお話
人間の根底に住みついて動かない偏見の恐ろしさを見た
夏休みのおすすめ映画です。

でも
やっぱり皆Psychに犯されてるからか、途中からracismはNature or Nurture?な意味不明な討論にww
TonyがNature説を押し続けるも、結局、子供はpureでsocietyが黒いだけ=Nurtureという結論にいたるww
あまりに皆がPsychoになりつつあるからか、先生が水曜日のクラスをoffにしてくれた!
そこはよかった♪

テスト前、頭痛と腹痛に犯されて死にかけだけど、つらいのは皆一緒。
皆が笑顔で卒業できますように...
今日も順調に素敵なお空を見ながら歩く私。
やばいな~、やっぱりPsychoかも…笑”
[PR]
by ayao_nemuko | 2007-07-31 00:00 | 日記

嵐の前の静けさ

嵐の前の静けさと言うのはこういうことでしょうか・・・?

Final Examを来(今?)週、Graduationを2週間後に控えてるのに、この週末は大きい課題がありません!!
Essayが①個と、難しい単語調べて月曜日の宗教学のmini lectureに備えるぐらい♪(…何も忘れてなければ?)
いつもの10分の1にもみたない感じで素敵です。
珍しく、金曜日に全部の課題を終わらせて、気分もすっきり☆

でも嵐が来るの知っているから、気持ちだけ妙にあせってしまう。
とりあえず、大嵐が来る前に、この調子で心理学の勉強がんばらないと!

そんな静かなこの週末を振り返ってみると…

金曜日⇒母からの荷物がやっとこさとどいて、あけるの楽しみにしながら、学校の後は碧子とbubble teaへ。
TakuyaとYuheiに何か食材買出しに行こうかとも思ったけど、びしゃびしゃ振り続ける雨の前に断念↓↓
bubble tea飲んでまったりした後は、Yuheiにもbubble teaをお土産に買っていって、White Houseにお邪魔★
いろんな野菜と卵の入った味噌仕立て野菜炒め、ご飯、お味噌汁、だらぁ~っとリラックスしてる間に全部作ってもらって、久々へるしーなお夕飯にありつけます。
ご飯食べたらお家帰って、楽しみにしてた荷物開けてみることに。

するとなんと!

1番楽しみにしてた鞄が・・・真ん中のとこびりって破れてる・・・(;O;)
中布までざっくりで、使い物にならない・・・何で!?

日本で買ってくれたらしい新品バッグじゃないっけ?
その日は相当落ち込みました↓↓

大事な鞄壊した犯人は?
*乱暴に荷物ポイポイするカナダの郵便局か?
*キャパオーバーなのにがんばってつめすぎた母か?
*誰か中身見て贅沢な日本人め!って壊したか?

答えは土曜の夜の姉との会話の中に・・・
「あやちゃん、鞄残念だったね~鞄の傷どんなんだったの?」
「なんかね~真ん中で一直線に切れてる!何かまっすぐで裂けた感じ?カッターで切ったみたいにきれいに切れてた↓」
「あやちゃん、その鞄荷物のどのへんに入ってたの?」
「1番上だよ?」
「あやちゃん、荷物あける時どうやってあけたの?」
「ん~普通にカッターで!もぅ待ちきれなくてさ~ガムテープびりびりしてる余裕なかったんだ~って待って・・・あ・・・え・・・?」

「いやぁ~~~~~~~~~!!!!」
f0176953_20324874.jpg


犯人は他でもない自分でした・・・
鞄2個しかないのに。。しかも1個は色気ないリュックなのに・・・↓↓

土曜日は、ダイエットと称して近くのCommunity Centreにバスケとプールしにバスケットボールサウナもww
場所も近いし、値段も2ドルと格安ww
そんなこんなで疲れた夜に、あんまりいらない衝撃の事実でした↓↓

まぁでも、今日、日曜日は碧子のお家にお泊り♪
家出少女さながらの荷物で訪れたのは、これから①週間ずぅっとここに泊まるから。
ホストのメンバーでドライブできる人が皆仕事で散ってしまうから、という理由で追い出されてしまいました。
この忙しいfinalの時期に・・・

でもfrozen foodしかない家からちょっと解放w
10分ほどのとこにバスもある。
気使わず、自分の時間もてる。
っていう点から考えれば、よかったかも。

久々の早起き生活になるけど、頑張ろう。
[PR]
by ayao_nemuko | 2007-07-23 00:00 | 日記

天才より凡人

"結果より過程"
そんな言葉は単なる慰め、もしくは泣きごとかもしれない、って真剣に思った
どんなに一生懸命頑張ったって、やっぱり結果が出せなければ辛いし悲しい、意味ないって思う
その日、インフルエンザだったわけでも麻疹にかかったわけでも、バイク事故に巻き込まれたわけでもない
恵まれたことに、五体満足、健康だった
結果が全てじゃないんだよってことはわかるんだ
過程から学べたこともいっぱいある
次頑張ればいいじゃないって言うのもわかるんだ
もぅ終わったことだよ?うじうじ考えてどうするの?って言うのもやっぱりわかる

でも
自分の中のもやもやは消えてくれない
総合的な点数はいいじゃん、とか、計算してみてあげたけど、次のExam40点とれば余裕でパスできるじゃん、とか、そゆことじゃないんだけどな…

あの時こうできたんじゃないかな?
もっと頑張れなかった?
negativeになるのも後悔するのも大っ嫌いなのに、頭は言うことを聞いてくれない

今夜だけはめいっぱい落ち込んで、明日にはもとに戻らないと

Psychology Midterm Exam
大好きな分野ばっかりだった
興味もあった
できるだけのことはやった気でいた
友達に聞かれた質問に答えては無駄な自信つけてた
手ごたえもあった
意味のない自信だった

たった1回のfail
足りなかったのは1点
N/Aの2文字が重かった

Final Examまで、残された時間は2週間
もぅ泣きたくない、笑いたい
今度はもっと、もっと死ぬ気で努力してみよう
今の"頑張った"じゃ全然足りない

天才は望まない
なりたくもないし、なれるとも思ってない
そんな儚くて浅ましい夢はいらない

凡人でけっこう
むしろアホ
それでいい
それがうち
でも欲を言えば、望むものが1つだけ
努力することが苦にならない、そんな能力

でも誕生日もサンタさんもまだ②先
自分の力で頑張らないと

じゃぁまずはイメージトレーニングから…
2週間後の自分は
はちきれそうな笑顔、全身で幸せを表現
唯一の特技、そこで発揮しょ♪
[PR]
by ayao_nemuko | 2007-07-15 00:00 | 日記

バイク⇒宗教⇒温暖化

今週1週間は6日連続3時間半~4時間睡眠眠い(睡眠)
中学の時なら普通やったのに…もぅ歳…exclamation & questionふらふら
脳みそが腐り始めるのも18歳から、何て誰かから聞いた話が頭に浮かぶ、そんな日々w

そんな忙しい①週間の始め、火曜日の朝に起きた悲劇
早朝のラジオニュース、200stで起きた激しいバイク事故
詳細は不明、重傷者が1人
200stはJustinが仕事に行くときに通る道
家族みんなで冗談交じりに、でも本気で祈ってた。
「どぅかJustinじゃありませんように…」
でもその30分後に鳴った電話はSueの笑顔を凍りつかす内容。
バンクーバ病院から、
"息子さんが今ERに運ばれてきました。すぐにこちらに向かって下さい"
少し考えればわかったこと、ラングレーで起こった事故なのに、何でわざわざ車で30分以上かかるバンクーバ病院なのか。

それほど彼は重傷を負っていたってこと
その日①日は、どの授業も、どのクラスも、授業を始める前に同じことを祈った
"どぅか、Justinが無事でありますように"
"どぅか、Justinの笑顔が見れますように"
"どぅか、お医者さんが、落ち着いて何のミスもなく、治療にあたってくれますように・・・"
"彼の家族、周りの人に、少しでも安らぎを"
ESLiにいた100人の生徒と先生、皆、彼のために、手術室の前で不安で押しつぶされそうな家族のために、一生懸命、心からお祈りした。
彼の教会の人、友達、彼女とその家族、事故を目撃した人、ニュースを聞きつけて、皆でひたすら彼の無事を祈った。

結果・・・

彼は奇跡的な回復をみせて、3日目の今日にして、すでに歩く練習を始めてるらしい。
あまりの回復力に、病院関係者も唖然としてるらしい。
ん~実は軽傷だったとか?

運ばれてきた時のJustin.....
*左耳が取れて、耳たぶだけが顔についている状態→手術成功
*頭を強く打って脳に異常が出たため、脳手術→これも成功
*背中もつよく打って、何本も骨折、足は歩き方を忘れ、数ヶ月は歩けないだろう→今日から歩き始めている

立派に重傷。。。Sueが毎日面白おかしく、嬉々として彼の写真を見せながら話してくれた時も、全く笑い事ではなかったはず。
Sueの形容通り、彼はまるでフランケンシュタインでした。


別に乙女になったわけでもメルヘンになったわけでもなんでもない。
でも、こういう瞬間、少し神様を信じてしまいそうになる。
頭の中ではなぜか宗教→オウム真理教→オカルト
意味不明で迷惑かつ失礼極まりない偏見のかたまりを持っていた私。

たった数分間、毎授業、毎日、皆でお祈りしたあの時間、きっとJustinって誰やねん?って人もいたと思う。
私みたいに別にChristianでも何でもない人もいたと思う。
でもその皆の優しさが、彼に届いたのかも…って信じたくなった。
今もこの先も、やっぱり自分がChristianやほかの宗教に入るとは思えないし、そんな予定はさっぱりない。
でもこの暖かい雰囲気はすごい好き。
誰かのことを思う優しい心、大切だなって改めて気づかせてくれたことに感謝。
オカルトとか、依存とか、怖いとか、頭の中でいいまくってごめんなさい。

今晩も祈るよ。
Justinの無事への感謝と、これからの回復を。
病院のベッドの下に隠れて、面会時間過ぎても一緒にいたいと願う優しい彼女が、どうか病院の人に追い出されませんように。
日本にいる友達が事故にあいませんよに。
健康ってやっぱり大事。
幸せな生活にめいっぱいのありがとう。

あぁめん。

うわぁ~長くなった。。。温暖化について書く時間も余裕もない。笑”
[PR]
by ayao_nemuko | 2007-07-14 00:00 | 日記